4月18日(木)

今年度の『全国学力・学習状況調査』が行われました。

この調査は、義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図ること。学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てること。そのような取組を通じて、教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立することを目的として行われています。(「調査のリーフレット」より)

   

      

国語・数学・英語の3教科に関して調査が行われました。今年度から英語は「話すこと」にかかる調査も実施され、生徒はパソコンから流れる音声質問に時間いっぱい懸命に答えていました。

後日授業で今日の問題を生徒とともに確認し、授業づくりの改善や教育指導の充実を通して子どもたちの学力向上につなげていきたいと思います。