5月28日(火)

第三中校区の幼稚園・こども園・小学校・中学校の連携を目的とした、市の『元気あっぷ事業』が今年も行われました。

今年度は、夏の研修会で第三中校区が日頃の取組みを市内の全学校園の教職員に向けて発表することになっています。一昨年度から準備をすすめてきましたが、発表に向けての最終調整のため、昨日校区学校園の教職員が第三中に集まって打ち合わせを行いました。

   

     

この春から開園した「大谷さやまこども園」の教職員を新たに交えながら、子どもたちをめぐる『縦のつながり』『横のつながり』『親子のつながり』『地域のつながり』『子どもとSNS』の5部会に分かれて発表原稿をまとめていきます。

地域の子どもたちの育ちを共有し、健やかな成長を促すために、今年度も幼こ小中学校園が協力しながら連携活動を続けていきます。そのようすは、今後も学校だよりやこのHPを通じて紹介していきたいと思います。