7月5日(金)

カラー団結成の意気を高めるため、3学年合同の長縄大会を6時間目に行いました。

今週は雨の天気予報でしたが水・木・金と天気も回復し、昼休みの練習も3回実施することができました。数を重ねるたびに、跳ぶ回数も増えていきます。どの学年も、どのクラスも汗いっぱいで練習に取り組んでいます。

さあ、いよいよ長縄大会本番。グラウンドに生徒がカラー団ごとに整列しました。

  

3年生学級委員の指示のもと、1年生から跳んでいきます。水曜日には呼吸が合わずに苦しんでいたクラスも、今日は見違えるようです。

  

続いて2年生。昨年の記録を塗り替えようと、縄を回す者も跳ぶ者も真剣なまなざしです。

  

そして3年生。上級生の力の見せどころです。声をかけ合い、力強く回される縄にタイミングを合わせてジャンプする足を揃えます。見守る1・2年生の声援も自然と高まっていきます。

  

さて、結果は…? 3学年合わせた回数は、緑団が75回で優勝、赤団が67.5回で準優勝(赤団は1年生のいないカラーで、2・3年生の平均が加算されます)でした。それ以外のカラー団もよく健闘し、僅差の勝負でした。

 

残りの時間を利用して、体育大会当日のカラー団の座席場所にそれぞれ集まりました。ここでも3年生がリーダー性を発揮してくれています。

     

9月27日の体育大会本番で長縄は再度競い合います。単に回数だけでなく、縦割りカラー団としての真のまとまりをめざして取り組んでいってください。