8月5日(月)

自然災害が発生し、第三中学校に避難所が開設された折に利用できる避難所用臨時トイレ(マンホールトイレ)の設置工事が今日から始まりました。

  

大阪狭山市では昨年度から市内の各避難所に設置工事を進め、今年度で市内全避難所への設置を完成させることになっています。

まず校門前に貯水槽をつくり、そのあと体育館前に組み立て式の5つの簡易トイレを設置するためのマンホールを開けていきます。

予定では8月20日までに完了することになっています(気象状況によってはズレることもあります)。工事中はガードマンがついて誘導してくれますが、登校日やクラブなどで学校に来るときには、十分気をつけて通ってください。