10月3日(木)

視聴覚委員会が主催する「ビブリオバトル」が、今年も行われました。

読書意欲の向上を図るためここ数年試行錯誤してきましたが、昨年度から委員会活動として定着してきました。今日は2年生大会、3人の男子生徒が昼休みにバトルを行います。

  

司会進行を務めるのは視聴覚委員。会場となる図書室は、詰めかけた生徒たちであふれんばかりです。

3人が紹介する本は、『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』・『ボブという名のストリート・キャット』・『そして5人がいなくなる』の3冊です。それぞれ自分が薦める理由も含めて、3分間で紹介していきます。

  

大勢の人の前で自分の思いを伝えるのはなかなか難しいもので、言葉に詰まったり、時間切れになってしまったり…。それでも自分が感じた面白さは伝えることができたようです。

   

   

  

いよいよ観客による投票です。3人の紹介を聞いて、ぜひ読んでみたいと感じたチャンプ本は・・・!

『ボブという名のストリート・キャット』です。3人のバトラーのみなさん、とっても素敵なバトルでした。

明日は1年生大会です。