教育目標  

「自律・信頼・創造 ~信頼でつながる三中~」

 

めざす生徒像

① 自ら学び、自ら課題を解決しようとする生徒

② 規範意識を持ち、心と体の健康を大切にする生徒

③ 自分の思いや考えを表現できる生徒

④ お互いの良さを認め合い、仲間と共に向上する生徒

 

めざす学校像

「信頼でつながる三中」

 

学校経営方針 

(1)基本的な考え方

  ・どの子も確かな学びが実感できる授業づくり

  ・一人ひとりが活躍できる、規律と活気のある集団づくり

  ・安全安心な教育環境づくり

  ・校区学校園との連携および家庭や地域との連携の推進

  ・学校からの情報発信の推進と充実

 

(2)具体的な取り組み

 <確かな学びを育む学校づくり推進事業に基づく取組みの展開> 

  ①「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた効果的な指導方法を

   研究し、授業の改善を図る。

   ※教科の枠をこえた研究の推進、評価の研究 

      ② 当たり前のことがきちんとできる生徒と教職員をめざす。

   ※凡事の徹底

      ③ 教職員の共通理解に基づいた生徒指導の充実を図る。

   ※子ども理解に基づく課題に寄り添った生徒指導の推進、チームで対応する安心感が持てる学校・学級づくり

      人権教育を推進し、民主的な集団づくりをめざす。

     ※差別やいじめを許さない、誰もが大切にされる集団づくり

      支援教育の理解を深め、その充実に努める。また支援教育の視点を

   取り入れた教育環境の整備と教育実践を進める。

         ※一人ひとりの人格を尊重し、違いを認め合う集団づくり

    道徳教育の充実と評価の工夫を図る。

   ※自ら考え、実践する道徳の授業を通した豊かな心と態度の育成

     体力向上を図る

   ※自らの健康と安全を意識できる生徒の育成

 <学力向上・学習指導にあたって>

      ①   授業の充実・・・「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた学習・指導方法の          

                                    改善を図る。

   ・学級全員が参加する授業づくり(考え、伝えあい、発表・表現する)

   ・「めあて(つけたい力)」を明確にした授業の実践

   ・「主体的な学び」「対話的な学び」の工夫・研究 

   ・「振り返り」のある授業

   ・教材研究と教科会議の充実

   ・教科の枠をこえた研究、研究授業を柱にした校内研修の実施

    (自由に授業を参観しあい、生徒理解や授業改善を進める)

   ・授業規律の維持・徹底

       ②  自ら学ぶ力の育成・・・自学・自習力の向上に努める。

   ・自学自習ができる生徒の指導・支援

   ・家庭学習の定着・充実に向けた取組みの推進

       ③  自律活動の推進・・・生徒会活動との連携を推進する。

   ・学習環境の整備や規則正しい生活の呼びかけ

   ・生徒会活動の推進・充実

       ④  学びの成長の共有・・・校区学校園との連携をすすめる。

   ・「めざす子ども像」の共通理解

         ・「元気あっぷ事業」等での交流・連携を通した『子どもにつけたい力』の共有