教育目標

「自律・信頼・創造 ~信頼でつながる三中」

めざす生徒像

  1. 自ら学び、自ら課題を解決しようとする生徒
  2. 規範意識を持ち、心と体の健康を大切にする生徒
  3. お互いの良さを認め合い、仲間と共に向上する生徒
  4. 自分の思いや考えを表現できる生徒

めざす学校像

「信頼でつながる三中」

本年度の重点目標

  1. 「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた効果的な指導方法を研究し、授業や評価を
    改善する。

  2. 当たり前のことを当たり前にできる生徒と教職員をめざす。

  3. 教職員の共通理解に基づいた、生徒指導の充実を図る。

  4. 支援教育の理解を深め、その充実に努める。また支援教育の視点から様々な実践を進める。
    (学習におけるユニバーサルデザイン的な視点)

  5. 学校からの情報発信を積極的に推進し、充実を図る。
     


○子どもたちが安心感をもつことのできる居場所づくり

  • 一人ひとりの生徒を大切にする。
  • 生徒の話を受容的に聞き、心を受け止め、生徒自らに考えさせ、行動させる指導と支援を
    徹底する。
  • 生徒たちの小さながんばりを見逃さず、ほめる。
  • きれいな環境を生徒とともにつくる。


○先見性と一貫性、優しさと厳しさを持ち合わせた指導

  • 教育的愛情に裏付けられた優しさと厳しさを兼ね備えた指導を行う。
  • 家庭や地域に積極的に関わり、保護者や地域から信頼される学校をめざす。
  • 「報告・連絡・相談」を徹底する。
     

○学力向上・学習指導にあたって 

 アクティブ・スクール推進事業に基づく取組みの展開 

  ○「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた学習・指導方法の改善

     ・学級全員が参加する授業

   ・「めあて(つけたい力)」を明確にした授業

   ・「主体的な学び」「対話手な学び」の工夫・研究

   ・「振り返り」のある授業

   ・教科会議の充実を図る。

     ・自由に授業を参観しあい、生徒理解や授業改善を進める。

     ・授業規律の維持・徹底に努める。

    ○自学・自習力の向上に努める

   ・休み時間等に自学自習する生徒の指導・支援に努める。

   ・家庭学習の定着・充実に向けた取組みを推進する。

    ○生徒会活動との連携を推進する

   ・学習環境の整備や規則正しい生活の励行を生徒とともに推進する。

     ・生徒会独自の取組みを推進する。

      ○校区小学校との連携を推進する

   ・「元気あっぷ事業」等での交流・連携を通して子どもたちにつけたい力を共有し、
           実践に生かす。

 


 家庭・地域の方々の本校の教育活動に対する、ご理解・ご協力・ご支援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。